FC2ブログ

← 新しいエントリー | main | 古いエントリー →
函館市内
箱館奉行所の建築物に感激!
(8) cmts.   (0) tbks.
13,3,31撮影   奉行所の千鳥破風屋根
表面

ここに使われている鬼瓦は1枚10万円だそうです。

この屋根に、20枚もの鬼瓦が使われているんですって。

 福井県の鬼瓦師が1か月以上かけて作り上げた鬼瓦というから、ますます驚きですネエ。



「火の見櫓」☛「太鼓櫓」 地上16.5m上に建てられたものです。

迫力!ありますよね。
通天閣


墨状に焼き上げた塀は、防腐的な役割を考慮して設置されているんでしょうか。
門塀

鋭利な先は、まさしく敵の侵入を妨げる城主の思いが伝わってきます。 

Comment

tanaさん いつもありがとうございます。
国を守る、自分の藩を守るために、それぞれの時代の
かたがたは、いろいろ試行錯誤して、工夫していたんだなあと
あらためて学ばさせていただきました。
自分の住まいじゃないのですが、益々函館が好きになりました。

エレアコチャン »  URL »  2013.04.06 19:13 »  編集

Aquaさん いつもありがとうございます。
えらく観光客の皆さんが沢山いたもんですから
さすがに走れませんでした(笑)
函館には、まだまだ北海道発祥の歴史を感じさせる
ポイントが沢山あるということなので、これから
時間を作って、まだまだ学びたいと思っております。

エレアコチャン »  URL »  2013.04.06 19:07 »  編集

matsusunさん いつもコメントありがとうございます。
数十年ぶりに五稜郭公園を訪れました。
すっかり近辺も変わって、びっくりしました。
この日は、道立の美術館も行ってきました。
嬉しくて、何時間滞在していたかもすっかり忘れました。
国内外のお客様が沢山おりました。
これから、函館もたのしみですね。
matsusunのいうとおり、同じポイントを、それぞれ
捉え方が異なりますので、これをプラスに利用できれば
凄いことになりますよね。

エレアコチャン »  URL »  2013.04.06 19:02 »  編集

hirosukeさん こんばんは。
道南に住んでいながらにして、今回初めて訪れました。
よく吟味して作り上げたなあとぐるぐる、同じところを
見て回りました。感動です。
20枚ほどの瓦を1か月以上もかけて作り上げたというん
ですから、これまた感動ですね。
今度お客様がひと段落着いた特にゆっくり回りたいです、

エレアコチャン »  URL »  2013.04.06 18:54 »  編集

こんばんは^^
おお!かっこいい建物ですね~♪
時代劇みたいに屋根の上をスタスタ~っと走りたい!
でも、10万円の瓦だと思えば走れません(笑)

Aqua »  URL »  2013.04.06 18:41 »  編集

おっ!エレアコチャン五稜郭公園に出没ですか(失礼、笑)
色々な方が同じところをレポートされると、其々目の付け所や見方、捉え方が違うのでとても楽しいです。
色んな方のを集めて観光ガイドブックなんかに載せたら、また違った楽しいものが出来るかな?なんて思いながら見ておりました。

matsusun »  URL »  2013.04.06 14:57 »  編集

おはようございます!
千鳥破風屋根
とても重厚ですね
奉行所とはいえ
このような建築は
他では見たことがありません。
確かに、瓦の一枚一枚も
普通の瓦ではない感じが伝わります。

hirosuke »  URL »  2013.04.06 11:32 »  編集

おはようございます。
まさしく奉行所といった、ものものしい佇まいに感じました。。
お城とかでもそうですが、当時の人々の知恵の結集で作られた力作ですね~。
それと、石川県のお隣さんの福井県に鬼瓦職人さんがいらっしゃるとは初耳でした。
大変勉強になります^^

tana »  URL »  2013.04.06 07:53 »  編集

∧top | under∨

Comment form

Trackback URL

http://amatege4310.blog.fc2.com/tb.php/135-b7a505b2

Trackback

∧top