FC2ブログ

← 新しいエントリー | main | 古いエントリー →
東北の山
牛乳風呂の世界だった、岩木山  応えてくれたいい山だった。
(0) cmts.   (0) tbks.
12,9,29(土)

ついに踏ませてもらった、お岩木の山頂    ありがとさんですo(^▽^)o

山頂標識
東北の山を歩くときは、決まって急行「はまなす」を利用します。

急行はまなす

いつでも登れると思って、今回までのびのびとなっていました。

突然思い出し、やってきました。嶽温泉から歩きました。

大きな看板です。思いっきりPRしていますね。

嶽温泉の看板
温泉街の商店では、とうもろこしの皮むきで大忙し。下山したら、茹でたてが店頭に並んでいるか、それとももう売り切れでしょうかね。

温泉街のお店屋さん

おもろい(*´∀`*)トイレです。いい文句ですね。

バス停前の立派なトイレ


ここら登ります。先ずは安全を祈願しましょう。

登山口


これから、8合目スカイライン駐車場までは、ただひたすら展望のきかない樹林帯を歩きますので、残念ながら
画像はありませんのであしからず。m(。・ε・。)mスイマソ-ン

8合目駐車場

   大型バス、ツァーでしょうか。ここまでは、青空が見えていたんですが・・・・?

リフトでも行けるんですね。まだまだ元気だから自分の足で登りましょうってか。

リフト乗り場

8合目からの登り口です。 左に見える階段から登ります。

8合目からの登り口

ここから、本格的な登山モードですよって、標識なんでしょうね。

8合目登り口の標識


リフトの音と乗客の声が大きく聞こえると、まもなくリフトからの合流点です。

リフトからの合流地点

ガスって見えないけど、この下が鳥の海噴火口。深さがわかるような気がします。

鳥海火口の標識

火口上部の岩稜です。ガスの中に浮き上がってマサシク幻想の世界ですね。

トラバスから鳥海山を見る

ほどなく、鳳鳴ヒュッテ。遭難した学生さんを悼み遭難防止を祈願して建立されたそうです。
ここが、百沢コースの分岐点にもなります。一人にあいました。

鳳鳴ヒュッテ


岩が木のようにゴロゴロと私の行く手を阻みます。(大げさw)
上りは、「右側です」よっと。

岩のガレ場

ちょーっと一息、平らな部分をやり過ごすとまたまた登り。きっついなあとひと頑張り。目の前に頂上の立派な標識が飛び出しました。先客から「頂上だあ」という声に自分もv(=^0^=)vと・・・・。

しつこいですが、再度頂上の標識です。

山頂標識


頂上は広くて、男女別々のトイレはあるし、避難小屋もあるし、鳥居もありました。安全を祈願し、小屋で軽い食事を済ませました。風が強かったので本当に助かりました。

風と牛乳風呂の世界をアトにし、強風とガスの中を急坂と岩のガレ場を慎重に降ります。次からつぎと団体のお客さん登ってきます。道を譲りながら、譲られながら慎重な下山も、8合目に近づくにつれて天気もあがり、気温も上がってきます。

温泉街は、出店が朝よりぐんと増え、りんごから焼き鳥屋さんまで出店。賑やかです。バス停前の「山楽」さんの温泉に入浴させていただきました。これが本当の牛乳色の風呂です。(’-’*)オチでした。
硫黄の匂いがすこします。
ちっと アツイけど、源泉流し湯ですから、こんなもんでしょう。(・∀・)気持ち。

青森泊まりで、翌日は台風を避けて、そそくさと帰路の旅路へと急ぎました。

いい山でしたし、いい温泉でした。

また来たい。(o>ω



Comment

∧top | under∨

Comment form

Trackback URL

http://amatege4310.blog.fc2.com/tb.php/14-db2743e9

Trackback

∧top