FC2ブログ

← 新しいエントリー | main | 古いエントリー →
函館市内
函館散策;今回は湯の川温泉周辺をご覧ください。
(10) cmts.   (0) tbks.
13,5,9(木)  湯の川電停終点から周辺をめぐり

               さらに終点から電車で五稜郭公園前まで向かいました。

これからの画像は、5月3日(金)に撮影したものです。


湯の川のシンボルとして、温泉を見守ってきたんですね。
湯倉神社r

毎日のように訪れる方が絶えないようです。



境内敷地内に、絵馬を守るように立ちはだかる狛犬。
絵馬と守るこま犬

迫力!あります。



湯の川温泉発祥の地碑
湯の川温泉発祥地

湯倉神社の境内下に設置してあります。

前にも掲載しましたが、再度ご覧ください。




旧戸井線跡
旧戸井線跡

戸井線は、1937年に軍事物資輸送の目的に建設開始された鉄道路線ですが

その後。、資材不足により中止されてそのまま未完となりました。

今は、遊歩道として、その一部を地域の方々に利用されております。



湯の川球場跡
湯の川球場跡地

1934年 全米野球チームが日本を訪れ、全日本選抜チームと、この球場で

ゲームが繰り広げられたんでしょうね。

このときの全米チームには、かの有名なベーブ・ルースら強豪選手の顔があります。

夢みたいなお話ですね。

よく、野球大好きの亡き父から当時の話を聞かされました。(笑)




湯の川温泉自慢の「足湯」です。

足湯

この日は、風が冷たく足湯は大変ありがたいご馳走でした。(ウー!((+_+)))


湯川黒松林
湯の川黒松林

北海道最初の暴風・砂防林です。

    (1889年 金森洋物店・金森倉庫の創業者;渡辺熊四郎が

 私財を投じて整備されたといわれております。




この日の前半行程を終えまして、いよいよ電車で、五稜郭公園前まで向かいます。
これから電車で五稜郭公園まで

降車後、公園までの間、道端のパブリックアートとの出会いが始まります。


次回は、函館元町地区のパブリックアートをご紹介させていただきます。

Comment

tanaさん ありがとうございます。

ここは、よく野球大好きの亡き親父によく聞かされていたところなんで、
迷わず行ってきました。湯の川小学校の入り口に看板があります。

この地に、かの有名なベーブ・ルースがきてゲームをやったなんて
「信じられなーい!」・・・これは、初代北海道ファイターズの監督の
キャラです。

どこで、歴史が動いているかわかりませんね。

エレアコ »  URL »  2013.05.15 19:56 »  編集

1934年というと自分がこの世に生まれてくる31年前であります。
湯の川球場でかの有名なホームランバッターのベーブ・ルースが訪れていたんですね~。
歴史の重さを感じました^^

tana »  URL »  2013.05.14 22:38 »  編集

Aquaさん こんばんは。

旧戸井線跡、もうすこし踏み込んで
関心を持ちたいっと思っております。

機会があれば、再度、延長して歩く予定です。
アンバランスな景観なので、興味があります。

足湯いいですね。会話も楽しいです。無意識のうちに交流が生まれました。

エレアコ »  URL »  2013.05.11 18:01 »  編集

こんばんは^^
焼きとうきびのおかき食べた~い!!!
と思いながら記事を読み進むと、
イイですね~。歩きたくなる場所です^^
旧戸井線跡、興味あります♪
たっぷり歩いた後はやはり足湯に入りたい!
疲れが取れますよね~♪

Aqua »  URL »  2013.05.10 20:54 »  編集

hirosukeさん コメントありがとうございます。

3日は雨に風がついて、寒い一日でした。
雨の日はそれなりに、情緒に満ち溢れた函館の街を
満喫させていただきました。

べ~ブルースが函館に来たということは、亡くなった親父から聞いておりましたので
この跡地の立てられた看板を見て感無量になりました。

当時は、函館市民はもちろん、道内の野球ファンがこの地に訪れて
両チームに応援で球場内が燃えたんでしょうね。

強風に耐え抜いた黒松に拍手!です。

エレアコ »  URL »  2013.05.10 19:55 »  編集

安曇野さん こんばんは。

このたびは、タワーには上がらなかったのですが
多分すばらしい景観だと思います。

時間がもったいないので、次から次へと目的地に移動しました。
でも、移動は、ユックリと。途中の発見が大事ですからね。

ほんと。多彩な格好をした黒松にはビックリしました。強いですね。
津軽海峡からの強い風に耐えながら、今日まで生き延びてきた生命力には
感動します。

エレアコ »  URL »  2013.05.10 19:45 »  編集

matsusunさん コメントありがとうございます。

懐かしんでいただいて嬉しいですよ。
ぐるっと回って、疲れた足を浸してうたたねしちゃうと、疲れも吹き飛びます。

銀月の「焼き団子」をつまみながら、ぽつぽつと軒に滴る雨をぼんやり眺めながら
「今日はもうここでいいや」なんて、弱音を吐きながら。。。。良かったですよ。

ソウだ。小さいおネエチャンに、「一本いかが?」といったらお返しに「ポッキー」
1本いただいちゃった。これが絆かな!?

まだまだいたいけど、「次の任務(笑)ガありますので」と。湯川の黒松林まで。
しばし、足がポカポカしておりました。

エレアコ »  URL »  2013.05.10 19:38 »  編集

こんばんは!
そちらの天気5月3日あいにくの天気でしたね。
気温もとても寒そうですね、
それでも頑張って散策お疲れ様でした。
湯川黒松林の砂防林
そんなに松木が曲がるほど強い風が吹くのですね。
ベーブルースが北海道に行ったことがあるのも
知りませんでした勉強になりました。

hirosuke »  URL »  2013.05.10 17:43 »  編集

こんばんは。

五稜郭公園は展望台?から見ると
景観が凄いですね。
といってもTVで見ただけですが・・・。

湯川黒松林の松凄いですね。
凄い強風に耐えているなと
感心しました。

安曇野 »  URL »  2013.05.09 21:33 »  編集

現役時代は湯の川がホームグラウンドでしたのでどの絵も懐かしい所ばかりです。
お昼に足湯に浸かりながら、ついついウトウト良い思い出です。
これが暑い夏でもなかなか気持ちいいんですよ。

matsusun »  URL »  2013.05.09 21:26 »  編集

∧top | under∨

Comment form

Trackback URL

http://amatege4310.blog.fc2.com/tb.php/169-71ba0b78

Trackback

∧top