FC2ブログ

← 新しいエントリー | main | 古いエントリー →
ウォーキング
タンポポの群生も、早朝はひっそりしたもの
(8) cmts.   (0) tbks.
13,5,28(火) 散歩途中にタンポポの群生
タンポポ

このたび気がついたのですが、タンポポは、日中はこうして思いっきり咲き綻んでいるのですが

早朝、日の出のころは、つぼみというか、まだお寝んねの時間なんですね。

恥ずかしながら、大発見です。  



「ワスレナグサ」  勿忘草 
ワスレナグサの群生

和名を見ると物忘れしなさんなと言い聞かせられるお花なんですが。

日本では、主に庭とか鉢植えなどの観賞用として栽培されいると聞いておりますが、

なぜかしら私の地域では、日当たりが比較的良くない、湿地に生息しているのが見かけられます。


「たとえ別れても、いつまでも心の奥にしまっていて欲しい二人だけの思い出・・・」

確かありましたよね。「勿忘草をあなたに♫。。。♪」 確か倍賞千恵子さんの唄だったっけ。

ふと、思い出します。


なんだろう急に。(笑)


はい、我に返り。

ウォーキングのお決まりコースで日中ゲットした、ありふれた写真です。


Comment

tanaさん こんばんは。
こちらは結構群生のタンポポが見られます。

「勿忘草」いろいろな歌に出てきます。
果てしなくセツナイ歌ばっかしですから、なおセツナイです。

ハイ、ひさしぶりに○○○ギャク拝見しました。
力いっぱい笑わせていただきます。(オオ(笑)

エレアコ »  URL »  2013.05.30 19:40 »  編集

こんばんは~。
タンポポの群生は初めて見ました。
というか、群生する植物だったんですね。
こちらでは道端にポツポツと点在して咲いてるのをよく見かけるもので・・・。
菜の花畑とはまた違った野性的な美しさを感じました。
ワスレナグサって、なんださか切ない感じがしますね~。
洋楽の曲名にもあったような・・・。
ちょっと、ど忘れしちゃいましたけど・・・。(^。^;)

tana »  URL »  2013.05.29 21:43 »  編集

あのねさん いつもコメントありがとうございます。

ぜひ、その瞬間をゲットしたいですね。

タンポポの群生ってこんなにもキレイだったのでしょうね。
あらためて、タンポポに好意を寄せました。(笑)

エレアコ »  URL »  2013.05.29 20:35 »  編集

matsusunさん いつもありがとうございます。

さすガですね。なんとなく眺めているんですが、こうして言われてみれば
よくわかります。このように観察しなくては意味ないですよね。

また、一つ勉強させていただいちゃった。(笑)

私のほろ苦い。。。?
艶っぽい思い出ならいいんですが。。。ハハハハ!

倍賞千恵子さんの歌を思い出して、ついつい書かせていただきました。

この歌。そういえば高校の修学旅行のバスガイドさんが、キレイな声で
歌っていたのを思い出しました。

イヤー!次から次と思い出してしまう。

エレアコ »  URL »  2013.05.29 20:31 »  編集

hirosukeさん いつもありがとうございます。

ここは、いつものウォーキングの通り道。
学校の入り口の前芝生なんです。

勿忘草の場所は、道端の湿地帯です。
ソウですよね、園芸で咲く花ですものね。

この時期は、いたるところに咲いてとてもきれいです。
可愛いですよね。

エレアコ »  URL »  2013.05.29 20:21 »  編集

こんにちは。
タンポポの群生!見事ですね。
これが一斉に綿帽子になって飛ぶ風景は、もっと見事でしょうね。

あのね »  URL »  2013.05.29 11:01 »  編集

こんばんは。
この時期何処ででも見られるタンポポですが、このように群生していると気持ちいいですね。
黄色の広がりを見てるとウキウキしてきます。

タンポポを眺めていて気が付いたのですが、草の無い所では茎が短く地面を這うように、草が伸びてる所では首を伸ばすように長い茎で草の上に花が、道の縁石と舗装の隙間から伸びているのは縁石の無い方にS字に茎を伸ばしてます。
太陽を求めて伸びているのが良くわかります。

エレアコチャン、若き日のほろ苦い思い出?…

歳とともに、どんな思い出でも大切にしたい気持ちになってきてますが。
確か英語でも forget me  
この花には日本語で“勿忘草”ですね。

matsusun »  URL »  2013.05.28 20:42 »  編集

こんばんは!
タンポポの群生凄い景色ですね。
でもそこはひょっとして
普段は普通の景色の場所ですか?
勿忘草 
大好きで昔育てていました。

hirosuke »  URL »  2013.05.28 20:25 »  編集

∧top | under∨

Comment form

Trackback URL

http://amatege4310.blog.fc2.com/tb.php/190-e454561d

Trackback

∧top