FC2ブログ

← 新しいエントリー | main | 古いエントリー →
東北の山
道南の山 小鉾岳 その1
(6) cmts.   (0) tbks.
13,6,3(月) 10年ぶりの小鉾岳(おぼこだけ)791.6mです。

昇りもくだりもきつーい山です。

今日は、会社の階段の手すりを頼りに、一歩一歩上り下りしました。

翌日筋肉痛で泣かされたのは、久しぶりです。

小鉾岳TOPの標識から槍を望みます。(脇の下からかすかに見えますか)
小鉾岳山頂から

展望は抜群です。まさしく360度のパノラマでした。

それも、ほんの一瞬です。長居は出来ません。蚋の真っ黒な大群がこれでもかこれでもかと

われわれを押襲ってくるのです。


登山口からまもなく「チゴユリの群生」に会いました。
チゴゆり群生


このたびの山行のお目当ては、なんと言っても「エゾオオサクラソウ」なんです。
オオサクラソウ


            
             オオサクラソウⅡ

急登のしかも岸壁にへばりつくように咲いているのです。

ベースは、どちらかといえば、湿ったコケの生い茂った場所を好むのでしょうか。


「ヤマハタザオ」
エゾハタザオ

希少な発見ですので、かなりの数の写真を撮りました。


次回は小鉾岳その2。  シラネアオイやツバメオモトなんかも登場します。

お付き合いください。

Comment

hirosukeさん いつもありがとうございます。

本当にちっちゃいくせに静いっぱいかわいらしさと

その場所によっては、雅を表してくれるんです。

彼女?に可能な限りなく近づいて、足場を固めてゲットするんです。

結構体力いるんですよ。

頂上に着いた達成感と彼女?タチに逢った達成感に満ち溢れて、無事に我が家に帰ってきて、はじめて山歩き・登山が終了する
。。。と私は思いますが。

エレアコ »  URL »  2013.06.04 20:19 »  編集

あのねさん こんばんは。

函館の街は、西区歩きには自転車も坂道で大変です。

それは、ハードな運動です。

植物図鑑をバックにそっと忍ばせて散策すれば、何かのお役に立てれるかもです。(笑)

山歩き・・復活すれば、また病み付きになるかも?

エレアコ »  URL »  2013.06.04 20:08 »  編集

matsusunさん コメントありがとうございます。

普段から歩いておりますので、運動不足ではないと思うのですが。

つかん筋肉が違う!ということにでもしておきましょうか(笑)です。

下山には、1回分の味噌汁の具にと竹の子と登山口で、ワラビを採取してきました。

これ位の量だと、奥方に歓迎されるんですね。

これ以上だと、「これダレ処理するのかしら?」何て言われでもしたら

山歩きの達成感がもう・・・・吹っ飛んでしまいます。(笑)

エレアコ »  URL »  2013.06.04 20:00 »  編集

こんにちは!
山野草
本当に可憐ですね!
ちっちゃいくせに
それぞれに
しっかりアピール
してますよね!

hirosuke »  URL »  2013.06.04 16:31 »  編集

こんにちは。
山歩きはここのところしていません。
昔は登山靴のようなものを持ってはいたのですが…
専ら平地専門の自転車移動です。

植物図鑑もあるのですが繰るのが億劫です。

あのね »  URL »  2013.06.04 11:07 »  編集

こんばんは。
小鉾岳…まずどの辺にあるのか調べました。
PCの力に感謝です。

久しぶりに筋肉痛…そう言えば暫らく山へ行った記事見てませんでしたね。
平地の函館探索では少々トレーニング不足でしたでしょうか?

残念ながら私は山へ行けないので、写真で楽しませて頂いてます。
みんな初めて聞く花ばかりです。
もっとも花壇の園芸種でさえ、初めてなのですから(笑)

matsusun »  URL »  2013.06.03 22:26 »  編集

∧top | under∨

Comment form

Trackback URL

http://amatege4310.blog.fc2.com/tb.php/196-4f17df5d

Trackback

∧top