FC2ブログ

← 新しいエントリー | main | 古いエントリー →
東北の山
静狩湿原(長万部町)に寄ってみました。
(2) cmts.   (0) tbks.
13,6,16(日)  国道37号線を札幌方面に走ると、静狩峠手前の直線沿いに、湿原への標識があるので

導かれて寄ってみました。



黒松内の歌才湿原を散策した後に行ってきました。


           (写真は、6月15日に撮影したものです)




水面に写るのは、「ミツカシワ」です。
湿原の一部

もう少しすると、コノハトンボソウ、ミズチドリ、サワラン、カキランなど等この湿原を彩ります。

でも、少しずつ湿原が失われていくのが悲しいですね。


「カキツバタ」(杜若)
静狩湿原カキツバタ

アヤメ、花ショウブ、カキツバタ。。。それぞれ似ているんですが、花びらの模様で違いがわかります。


「ヒツジグサ」(未草)
静狩湿原ヒツジグサ

未の刻(午後2時ころ)に花が咲くところから、このように言われておりますが、この葉の形を見ると

ヒツジのツメの形に似ているので、これから命名したのかなと、てっきり思っておりました。(笑)


「エゾイソツツジ」(蝦夷磯ツツジ)
静狩湿原 イソツツジ

この時期は、湿原にはどこでも見られます。


湿原への入り口に設置してある「看板」です。
看板

植物を永遠に保つためには、湿原の適切な維持管理が大切です。

このままだと、貴重な湿原も朽ち果ててしまいます。

残念なことですねえ。

Comment

matsusunさん コメントありがとうございます。

これからが見ごろです。

静狩湿原は、R37から少し山側に入ったところにあります。

国道37号線沿いの野草花園は

まさしく国道沿い海側・山側にエゾカンゾウが敷き詰めております。

このあと、エゾカンゾウのピークが終わりかけたころに、いよいよアヤメが咲き乱れるという

自然の恵みに満ち溢れた海岸線です。

この風景を恋焦がれて、毎年訪れる方がいるということを聞きました。

エレアコもその一人じゃないでしょうか(笑)

エレアコ »  URL »  2013.06.17 19:14 »  編集

静狩の直線道路脇にも湿原があるのですね。
ここの道を走るときはスピード測定に引っ掛からないように、前と後ろばかり注意を払っているので(笑)

エレアコチャンの情報であっちにもこっちにも足を運びたくなってます。

matsusun »  URL »  2013.06.16 20:49 »  編集

∧top | under∨

Comment form

Trackback URL

http://amatege4310.blog.fc2.com/tb.php/209-402492e2

Trackback

∧top