FC2ブログ

← 新しいエントリー | main | 古いエントリー →
函館市内
西部地区バル街の続編です。
(16) cmts.   (0) tbks.
 
西部地区バル街の続きにようこそ(^^♪  (9月5日)

  3軒目のお店は 「ロマンティコ・ロマンティカ」 弁天町佐藤商会1F
3件目

   こも大正5年の建築物で水色のおうちです。
  

 アボガドの入ったパイ風味です。  サラダを添えております。
アボガドのパイ

  勿論抵抗なく白ワインをお願いしました。

  もうすこしピンチョ(一口肴)の内容を説明出来ればいいんですが、洒落た料理はウトイモノですから、どうかご勘弁を<(_ _)>


   そろそろ、前より増して気持ちがよくなってきましたよ。

 
   4軒目に挑戦!  「TACHIKAWA Cafe] です。
  鹿肉ロース

  この建物は、国の重要文化財に指定されており、なおかつ日本ではじめて許可を頂いてCafeとしてオープンしたということです。

 明治34年海運業の豪商太刀川善吉によって立てられたものです。(観光HPを引用しました)

 
  ところで、ここのピンチョーは 「鹿肉のロース」です。軟らかく、鹿肉独特のにおいは感じさせられなく、抵抗なく口に入りました。

 ビックリしたのは、このソース。  シカの血・・・ではありません。

  ブルーベリーのソースだソースす。  


   甘さはそれほどでもなくこの酸味がロースの味を引き立てているのでしょうか。

 これはヒットでした。 


 次回フトコロの財布と相談をして「フルコース」でも・・・・だいぶ気持ちが大きくなってきましたよ。(^_^)v


  段だん暗くなってきました。   酔いもあるせいでしょうか。  道路の段差に多少てこずっております。


    「気をつけてねー!」



  最後、5軒目は 「おばんざい 村かみ」  
     最後は「おばんざい」

 
 函館山も・・・・・そろそろお帰り!とやさしくエレアコを促しているようですが。

 なんとナンと、エレアコはすっかりテンションが上がりっぱなしでス。(笑)

 「おばんざい」???って

   はい、ご説明いたします。

 お番菜・・・・お万菜・・・昔から京都で一般の家庭で作られた惣菜をこのように呼ぶそうなんです。

 今回初めて分かりました。

 いくら酔っても、学習だけはキチットしてまいりました。


   お客様の中に、貨物船の機関長さんという方がおりまして、このバル街を楽しみにしていたんだという、丁度日程が合ってよかったと、本当に嬉しそうに日本酒をいただいておりました。

 エレアコも最後の〆で日本酒「八海山」を頂きました。

 ここのピンチョーは、まさしくそれです。  一口・二口のおつまみといったところでしょうか。

 でも、見ず知らずの人たちとの会話がご馳走となりお世辞抜きにして楽しかったです。


  時計を探ると何とか駅前からの最終バスに間に合いそうなので、店を出ました。


   バル街最高!  バル街バルザーイ!(^o^)/・・と思わず叫んでしまいました。


 すっかり周りは暗くなりました。
 帰りはすっかり暗くなりました。


  バル街周辺の施設にライトUPされました。   「臨海研究所」です。
    ライトアップされた臨海研究所
 

  ここから函館駅まで電車に乗りました。  ここからシャキットしましょうね。
    帰りはここから乗りました

  何十年ぶりだろうねえ。   夜の函館で、こんなに人が歩いているところを見たなんてねえ。

    電車も満員です。   函館頑張れ!   ワクワクしました。

  皆さんもお疲れになりましたでしょう。   


           ありがとうございました。  

Comment

もんきちさん コメントありがとうございます。

エレアコもチーフに「これ牛じゃないの?」と冗談にいったら、チーフは「皆さん、そうおっしゃいます・」(^_^)・・・だって。 

ブルーベリーの酸味と程よい甘さが、なんともいえないうまみを増すんですね。

時間があったら、お代わりしたいのでした。(笑)

場所を替えて、年に6回開催されるようです。

懐と相談しながら参加したいと思っております。

エレアコ »  URL »  2014.09.10 18:32 »  編集

わ~!!お店も素敵ですが、鹿のローストにブルーベリーソースって美味しそうですね~♪
鹿はメチャ増えて農作物を荒らしてるんで駆除されているんですが、捕った鹿を食べないで焼却処分してる(しかも焼却するのに一頭一万円も税金が使われている)
ので、もんきちは無駄にしないで食べたらいいのにー!!って思ってたんですよ~。
こうやって食べたら美味しいって全国に広めたいですね(*^_^*)
バルで楽しく飲んで食べて町も活気づいて良い事ですね♪

もんきち »  URL »  2014.09.09 20:06 »  編集

 桜ようかんさん コメントありがとうございます。

 旧函館公会堂ですね。  エレアコの函館散策の定番です。

必ずといってもいいほど、通るポイントです。

 2Fのテラスで、衣装で着飾ったご婦人が写真撮影している光景が見られます。

 人気のスポットですね。

  
 ぜひお越し下さい。 気持ちの切り替えにもなると思います。


 いちど頭の中を空っぽにするのもいいかもしれませんね。


 エレアコは空っぽになったきり、元に戻れません(笑)

 函館は素敵なところです。(^^♪

エレアコ »  URL »  2014.09.09 19:23 »  編集

くうさん コメントありがとうございます。

住めば都どこでもですが、函館は必ずや再びよみがえる可能性大の街です。

皆さん頑張っております。

エレアコが言うんですから間違いありません(笑)  いいんだべか?(^_^)/~

おばんざいしていましたか。 エレアコは今回初めて分かりました。

自慢話になります。  くさんも故郷をメイッパイ自慢して下さいね。

エレアコも懐が許す限り(エッ!)  ガンバリマス・・・・・(^_^)

エレアコ »  URL »  2014.09.09 19:17 »  編集

六甲山さん こんばんは。

本当に函館はゆっくり流れております。

住む人たちもおおらかで、穏やかですね。

たぶんエレアコも穏やかな人間に変わることと思います。(笑)

いろいろなイベントを企画して函館を盛り上げようとしている有志に大拍手!を送りたいです。

また一度お越し下さい<(_ _)>

エレアコ »  URL »  2014.09.09 19:11 »  編集

花のんのさん  コメントありがとうございます。

シビエ料理・・・・道北の女性の猟師さん若いながらもいろいろ挑戦してシビエ料理にも挑戦していると聞いておりましたが、まだがんばっているのでしょうか。

鹿肉はやっぱし赤でしょうね。(^^♪

長期滞在をめざすエレアコにとって、ますます函館の街が好きになりました。

三大函バルに挑戦しますか。(^_^)v

エレアコ »  URL »  2014.09.09 19:08 »  編集

matsusunさん  コメントありがとうございます。

函館を散策しているときに、いつかこの店で肉を食べながらワインでも飲みたいなあと思っておりましが、このような機会を頂いて最高の雰囲気を味あわせていただきました。

またゆっくりきたいです。   これが、函館バル街の目的になるのでしょうか。

また、ゆっくり来たいというお店をミッケ(^_^)/~

5枚のチケットで有意義な最高の函バルを頂きました。

次回は五稜郭の行啓通リあたりでmatsusunさんとニアミスもあるかもしれませんね。

楽しみにしております。(^^♪

エレアコ »  URL »  2014.09.09 19:02 »  編集

こてつぱんさん こんばんは。

気取りは全く必要ありません。気取っている暇がなく色々な方とい話ししますのであっという間に時間がたち

次の店へと移動です。

結構慌しいのですよ。   楽しくてどうしようもなかったです。(^_^)/~



エレアコ »  URL »  2014.09.09 18:54 »  編集

チャメさん  コメントありがとうございます。

函館市の力の入れようには頭が下がります。

少しでも、力になればなあと思って、色々なイベントに参加をしております。

最期?の〆酒・・・・これは効きました。

昔のように人の往来が戻るようにガンバッテ欲しいです。

エレアコ »  URL »  2014.09.09 18:51 »  編集

エレアコさん こんばんは(*^^*)

続編♪楽しみにしていましたよ〜。
函館には、大正5年の建物があるのですね〜。そこで、お酒、料理 素敵ですね(#^.^#)

桜ようかんは、函館で行ってみたい所があります。
旧函館区公会堂です\(//∇//)\ 素敵なドレスを着てみたいです♪

桜ようかん »  URL »  2014.09.09 17:13 »  編集

いいないいなぁ~
函館いいなぁ~
「ロマンティコ・ロマンティカ」素敵♡

エレアコさんの記事を見ていると、なんだか函館が故郷であることを自慢したくなります。(笑)
函館って、こんな素晴らしいところだったんですね。
素敵に紹介してくれて、ありがとね。

ピンチョって、「一口肴」の事だったんですね。
「おばんざい」は知ってましたよ~(^ー^)

くぅ »  URL »  2014.09.09 15:46 »  編集

エレアコさん、

 こんにちは。

 函館のバル巡りを楽しまれましたね。
 うちの近所にも年に1度、お祭りの様にやってます。
 (巡ったことはありませんが、、、)
 
 美味しそうで、楽しそうです。

 函館山を見上げる感じ、そして臨海研究所というのですね。
 あの前で同じ夜景を写真に撮ったのを思い出しました。
 
 函館は観光の街でもありますが、なんか時間がゆっくりと
 流れ、その中に市電が走っていて、とてもいい雰囲気の街
 で、また行ってみたい所ですね。

六甲山探検隊
 

六甲山探検隊 »  URL »  2014.09.09 08:05 »  編集

エレアコさん来年はゼヒご一緒しましょう(笑)
シカ肉のロース!おいしそうですね~
ジビエ料理ですね
オシャレなワインを楽しんで、〆はやっぱり日本酒ですかww
八海山、おいしいですよね
おばんざい、気取らなくておいしいものという感じです
夜の函館、路面電車、とってもあったかい感じがしますよ

花のんの »  URL »  2014.09.09 00:24 »  編集

こんばんは。
佐藤商会や太刀川商店の雰囲気の良いところでいただくワインは味も数段アップですね。
日没前の一軒目から最終バスまで、楽しい時間はあっと言う間に過ぎたようですね。
次回五稜郭はぜひ参加したいです。

matsusun »  URL »  2014.09.08 23:59 »  編集

大正5年の建物は渋いね!
料理も美味しそうです・・
白ワインもかっこいいイイです!!
自分が行くときっと緊張するだろうな~(笑)

こてつぱん »  URL »  2014.09.08 21:37 »  編集

こんばんは。
“明治34年海運業の豪商太刀川善吉によって立てられたもの” そんな歴史的建物もカフェになっているのですか
バル街ってイベント用の屋台かと思って居ました、大変な認識違いの婆でした、失礼致しました
函館は素敵な町ですね、素晴らしい夜景を見て感動したことを懐かしく思い出します
最期の〆は日本酒、いいですね 白玉の露・・・・・・・・ ♪ 

チャメ婆 »  URL »  2014.09.08 21:10 »  編集

∧top | under∨

Comment form

Trackback URL

http://amatege4310.blog.fc2.com/tb.php/583-30f86ceb

Trackback

∧top