FC2ブログ

← 新しいエントリー | main | 古いエントリー →
函館山
函館山観音コースもいよいよ山道に入ります。
(8) cmts.   (0) tbks.
 
 9月14日(日)の写真です。

 はじめに、昨日の記事の写真説明で「ハリストス正教会」と掲載しましたが「カトリック元町教会の誤りです。

訂正させて下さいませ。<(_ _)>

 
   オオハンゴンソウから離れないクマンバチ。
 オオハンゴンソウに喰らいつく熊ん蜂

  死んでいるのかと心配になり、触ったら飛んでいってしまいました。



 
    大きい船小さい船、色々な船が函館港東の海を行き来しております。
  いろいろな船が行き来しております。

 この光景の中に函館空港に着陸態勢に入った旅客機が映っていれば最高なんですがね。

 
  


    「キツリフネソウ」(黄吊船草」   黄ツリフネそう

   道ばたに他の野草に寄り添うように咲いておりました。

  
 

    函館山には要塞がいたるところに見られます。
  千畳敷の要塞跡

 特にこの要塞は、函館歴史研究家の方が清掃にも力を入れている一つですので、比較的綺麗に保存されております。




    千畳敷の広場にある展望棟です。
東屋を通してアンテナ群を見る

 この日は、青森と函館の子どもたちを対象にオリエンテーションが行われたり、秋の野草観察会なども催されたりして沢山の方が利用されておりました。


 

   「芍薬の果実」・・なんですが、この周辺に保護エリアということでロープを張っておりました。
 芍薬の果実

 希少植物の生息エリアをわざわざ示しているかのようですね。


 

    急坂を下ると七曲コースの入口・出口に到着です。
  七間曲の登口

 ここから、道なりに右へ歩くと数分で立待岬です。

 一歩通行の車が賑やかですので気をつけて歩きましょう。




   これから、しばらく舗装道路を歩いて、幕末の勇士「土方歳三」ほか新撰組の石碑まで向かいます。
  谷地頭下り口

 右へ下りると、谷地頭温泉または函館八幡宮へ。

 まっすぐ歩くと「土方歳三」の石碑または宮の森コースを経由して函館山管理センターの方向です。





    途中には、毒草の王様? 「トリカブト」がこれでもか・これでもかと。
   毒草

 爽やかな道端を埋め尽くすように咲き乱れております。

 不気味でした。


  ということで、秋のお花たちを紹介しながらコメントをさせていただきました。


  これから、紅葉の時期までどのようなお花たちが顔を見せてくれるのか楽しみです。


  函館山の紅葉の時期は、11月の上旬・・・・文化の日あたりでしょうかね。


 その頃は、函館近隣の景勝地も見頃になります。


 忙しいですね。    嬉しい悲鳴を聞いていただきたいものですね。


 それでは、このたびも長々しいコメントにお付合い下さいましてありがとうございました。


 

 

Comment

matsusunさん コメントありがとうございます。

ユックリ、のんびりあるくと色々な発見に遭遇します。


楽しみが広がります。

エレアコ »  URL »  2014.09.18 18:30 »  編集

こんばんは。
年に1、2度ロープウェイで登るだけでは、見えてこない素敵な景色が沢山ありますね。
私も薬のよる痺れが回復してきたら、自転車も降りて歩きに挑戦です。
山道、自転車では無理ですね(笑)

matsusun »  URL »  2014.09.17 20:37 »  編集

桜ようかんさん こんばんは。

そういえばヨモギの葉に似ていますね。

でもヨモギとトリカブトは種が全然異なっていますが、そんなことドウでもイイですよね。(笑)

トリカブト事件と来たら懐かしいお話ですが、昔の狩猟や軍隊の道具として、矢にこのトリカブトの汁を塗りつけて使用したという話を聞いたことがあります。

一発ですよ!・・・・怖いんですから。

綺麗なものは怖いと昔から言われております。(笑)

エレアコは、この7月に途中ハンパな時期なんですが、めでたく退職し、かねてからの念願の函館の実家に長期滞在しております。

故郷では、カミサンと娘がエレアコの留守を預かっているというか、亭主元気で留守がいいというか・・とにかく家族の理解でわがままなセカンドライフを過ごさせていただいております。

そういうことですから、大好きな函館の情報を提供させていただきますので、今後ともよろしくお願いいたします。<(_ _)>

エレアコ »  URL »  2014.09.17 18:37 »  編集

くうさん  こんばんは。

ソウなんですか。 宝来町に住んでいたんですね。

目をつぶてでもどこに何があるかすべてお見通しですね。

いいところから通っていたんですねえ。

エレアコは、何時までも函館に滞在したいです。

すっかりお気に入りになってしまいました。

いつ、住居に戻らなくてはならないないかも知れませんので、時間が赦す限りまだまだ色々歩きたいと思っております。

エレアコ »  URL »  2014.09.17 18:23 »  編集

チャメさん  こんばんは。

さすがに日本の夜明けの舞台なんですね。

色々歴史を語る施設や文献が沢山あります。

今日の朝は冷え込みました。

ソウですよね。 北海道北部に氷点下24度以下の寒気が居座ってしまいました。

エレアコ »  URL »  2014.09.17 18:16 »  編集

エレアコさん こんにちは(o^^o)
一緒に散歩をした気分になりました〜♪ 見たことが無いお花に興味津々です。これが、トリカブトですか〜。葉が、ヨモギと似ているのでしたよね?
海が見えるって 良いですね〜♪♪♪

エレアコさん 函館がお住まいでは 無いのですか⁈

桜ようかん »  URL »  2014.09.17 17:07 »  編集

わわわぁ~クマンバチに?!
エレアコさん、クマンバチ怖いですよぉ。
でも、いかにも優しいエレアコさんらしいですね。(^ー^)

蓬莱町に住んでいて、
谷地頭の職場まで、歩いたり電車に乗ったりして通ったことがありました。
なつかしいなぁ~

函館山の要塞は、学校の遠足で行ったりしました。
なんかシーンとして怖いなぁ~っていう印象でしたが、
貴重な、戦争の遺物なんですよね。
もう終戦から70年ですもんね。
戦争の遺産として大事にして欲しいです。

トリカブトって綺麗なお花ですね。
ぅ~ん・・庭に植えたいくらいです。
わたしが植えたら、夫がびびりそう(笑;)

くぅ »  URL »  2014.09.17 11:28 »  編集

こんばんは。
クマンバチはオオハンゴンソウが好きなようですね、お気に入りの蜜なのでしよう
黄ツリフネ草も可愛い~、高台から眺める海を行き来する船、素敵、いいですね
要塞が綺麗に保存されているのですね、重厚な煉瓦の造りが歴史を感じます、函館は素敵な街ですね。

チャメ婆 »  URL »  2014.09.16 20:46 »  編集

∧top | under∨

Comment form

Trackback URL

http://amatege4310.blog.fc2.com/tb.php/590-25fe0b3f

Trackback

∧top